小児新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)

 小児診療では日常より発熱患者を診察しています。毎日が発熱外来と言ってもよいでしょう。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)については、第一波・第二波・第三波が観察される中で、小児の臨床像も少しずつわかってきたようです。①無症状から軽症が多い、②小児からの感染の広がりは少ない、③小児の感染の大部分は家族内感染である、④COVID-19患者全体の中での小児の割合が極めて低い1)。小児COVID-19の症状は軽症とされていますが、成人と比較してどのような違いがあるのかはほとんど明らかになっていません。今後しばらくは、地域の流行・こどもをとりまく大人の症状を注意深く問診しながら診療を行うことが必要です1)

1)小児の外来診療におけるコロナウイルス感染症2019 (COVID-19)診療指針 より
小児COVID-19合同学会ワーキンググループ(日本小児科学会・日本小児感染症学会・日本外来小児科学会)