〜更新中〜

お子さまの病気について

 当クリニックでは、お子さまの病気を中心に診察いたします。発熱やかぜ症状、頭痛のほか、呼吸器の病気(気管支炎・喘息・クループ症候群)、目や鼻・耳の病気、胃腸炎や便秘症などのお腹の病気、皮膚の病気、心の病気などの小児科一般診療を行います。必要に応じて、血液検査、レントゲン検査、超音波検査、心電図検査などを行います。
 また育児相談を行なっております。育児に関する “アレコレ” をご相談ください。小児科ナース、保育士、ママさんスタッフが一丸となってご対応いたします。
 なお午前・午後にクリーンタイムを設けています (11:00-12:00、14:00-15:00)。主に感染症疑いのない赤ちゃんの診察・相談を行います。予防接種・乳幼児健診・赤ちゃん相談などは、この時間帯にご予約ください。

小児外科領域の病気について

 小児外科をご存知ですか。各小児外科疾患については、日本小児外科学会のホームページに、部位と臓器別にわかりやすくまとめられています。詳細な記述がありますのでご紹介します (※)。
 ここでは、1.小児外科手術疾患2. 外来診療を行う小児外科疾患 に分けてご紹介します。

※日本小児外科学会ホームページ “小児外科で治療する病気

乳幼児健診

 世田谷区では、3か月~4か月、3歳児の健診を区の健康づくり課で集団で行っています(※)。また6〜7か月、9~10か月、1歳6か月、3歳児の健診を公費で行います。当クリニックは乳幼児健康診査実施医療機関です。乳幼児健康診査受診票にご記入のうえ、保険証医療証・母子手帳・乳幼児健康診査受診票・オムツを持ってご来院ください。
 健診ではお子さまの健康と発育を共に確認し、健康維持と病気の早期発見・予防につとめます。また保護者のみなさまの育児相談の機会ですので、ご相談ください。

※詳細について世田谷区ホームページをご確認ください。

予防接種

 当クリニックは定期予防接種実施医療機関です。予防接種予診票にご記入のうえ、保険証医療証・母子手帳・予防接種予診票を持ってご来院ください。
 クリーンタイム 11:00-12:00 (月〜金) ・ 14:00-15:00 (火・木・金) を設けておりますので、この時間帯をご利用ください。一般診察枠での定期予防接種をご希望の場合は、必ず3日前までにお電話ください。

※詳細について世田谷区ホームページをご確認ください。

赤ちゃん相談 〜更新中〜

 赤ちゃん診療における “知りたい” をピックアップしていきます。

便秘外来 〜更新中〜

 こどもの便秘は一時的便秘(感冒時などの一時的消化管蠕動不良)から慢性機能性便秘症まで様々です。稀に内科的・外科的基礎疾患が隠れている場合もあります。
 小児慢性機能性便秘症は、離乳食開始時期・トイレットトレーニング期・就学時期に多くみられ、それぞれの年齢・症状に合う治療が必要です。特にトイトレ期の便秘は小児の便秘症において最も多く、”二重の悪循環” に陥りやすいのもこの時期です。悪循環に陥ると治療は長引き、本人だけでなくご家族のQOLも低下するため、早期診断・治療が大切です。
 まずはおこさまの排便状況をチェックしてみてください。排便状況把握に便利な ”排便日誌” があります。お気軽にご相談ください。

小学校高学年〜思春期 〜更新中〜

 思春期診療における “知りたい” をピックアップしていきます。

新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)と当院の対応について
〜更新中〜

 小児診療においては、日常より発熱患者を診察しています。毎日が発熱外来と言ってもよいでしょう。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)については、第一波・二波・三波が観察される中で、小児の臨床像も少しずつわかってきたようです。①無症状から軽症が多い、②小児からの感染の広がりは少ない、③小児の感染の大部分は家族内感染である、④COVID-19患者全体の中での小児の割合が極めて低い1)。小児COVID-19の症状は軽症とされていますが、成人と比較してどのような違いがあるのかはほとんど明らかになっていません。今後しばらくは、地域の流行・こどもをとりまく大人の症状を注意深く問診しながら診療を行うことが必要です1)
 クリニックでは上述に留意し、予約枠の人数を減らし、時間にゆとりを持って診療を継続いたします。みなさまには、受診時間やトリアージにご協力いただき、それでも消毒やPPE(個人用防護具) にお待ちいただく点に関しましてご理解のほどお願いいたします。現在、COVID-19感染症流行に対して以下の対策を継続しています。

1)設備
①24時間換気システム

当施設は空調を増やし、24時間換気システムを設置しています。窓の開放による定期的な換気も心がけています。
②隔離室(個室) 
換気設備を設置し陰圧となるように工夫しています。
2)空間的時間的分離
感染症の増加に伴いゾーニングカーテンを使用し、ゾーニングして診療を行います(空間的分離)。
赤ちゃんの診療について、クリーンタイムを設けています(時間的分離)。
3)トリアージおよびPPE (個人用防護具)
発熱者に対し、予めCOVID-19チェックリストを用いてトリアージを行います。また診察時はスタンダードプリコーション(標準予防策) を遵守し、PPEを徹底しています。

 COVID-19感染症の検査については、問診によって院内検査またはPCRセンターで検査を行います。トリアージ時点で受診時間を変更いただく場合がありますので、受診前に下記①・②に留意してください。
①発熱、咳嗽または咽頭痛のある方は、WEB問診の「発熱」、「咳嗽または咽頭痛」の項目に必ずチェックを入れてください。
②嗅覚味覚障害、学校・保育園・幼稚園・家族の職場での発生や接触のある方、2週間以内の3密機会のある方は、受診前にお電話(03-3749-3111)ください。

1)小児の外来診療におけるコロナウイルス感染症2019 (COVID-19)診療指針 
小児COVID-19合同学会ワーキンググループ(日本小児科学会・日本小児感染症学会・日本外来小児科学会)

診療時間

・当日予約ができます。17:45まで (月水土は12:00まで) に受付してください。
・来院が遅れる場合はお電話ください。
(月曜日午後は聖マリアンナ医科大学非常勤講師として勤務あり休診いたします。)

<一般診察>
 09:00-11:00(月〜金)
 09:00-12:00(土)
 15:00-18:00(火・木・金)
小児内科・小児外科・その他(予防接種など)

<クリーンタイム>
 11:00-12:00(月〜金)
 14:00-15:00(火・木・金)
発熱や感染症疑いのない “赤ちゃん” のための時間です。乳幼児健診・定期予防接種・任意予防接種・赤ちゃん相談・小児外科診療などを行います。
この時間帯に発熱者はクリニック内に入れません。

<発熱時・COVID-19擬似症の対応について>
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行中につき、院内感染予防策を強化しています。発熱者の待合室を別にして、一般診察と動線を分けて診察しています。さらに時間を指定して診察させていただく場合がありますので、下記①・②に留意してください。
①発熱、咳嗽または咽頭痛のある方は、WEB問診の「発熱」、「咳嗽または咽頭痛」の項目に必ずチェックを入れてください。
②嗅覚味覚障害、学校・保育園・幼稚園・家族の職場での発生や接触のある方、2週間以内の3密機会のある方は、必ずお電話 (03-3749-3111)ください。

※予約がいっぱいの時・緊急時
お電話で随時ご相談ください。

※定期予防接種
一般診察で接種希望の方は事前に(3日前まで)お電話ください。ワクチンの準備に必要です。

※初診時
問診などがありますので10分前にご来院ください。

TEL. 03ー3749ー3111